分析化学研究室

  • 自然
  • 教 授吉田 真史

研究
内容

分析機器やコンピューターによる化学の研究

分析化学や計算化学の手法により、身のまわりのさまざまな物質を分子・原子の視点で研究し、化学、生物学、薬学、食品科学、電子工学、環境保全などに役立てます。研究には、超臨界二酸化炭素抽出、ガスクロマトグラフィー、液体クロマトグラフィー、質量分析法、電子顕微鏡などの分析手法、量子化学計算、分子動力学計算などの計算手法を使います。

社会と
の接点

分子の視点で私たちの生活を守る

分析化学は、農作物や食品の微量成分を調べ、安全性や有用性を確認するのに使われます。また、水や大気などの分析は環境保全に役立ちます。さらに、計算化学の手法を組み合わせると、分子の性質を予測したり、新しい機能をもった分子を提案することができます。

目指す
未来

新しい分子で快適な生活を実現

分析化学や計算化学を用いた本研究室の研究は、農作物や食品の有用成分を発見したり、環境保全に役立つ素材を開発したり、効率のよい電子部品を提案したりすることで、私たちの健康的で快適な生活を実現していきます。

主な卒業研究テーマ

  • 分析機器を用いた農作物や食品の分析
  • 分析機器を用いた自然環境(水、大気)の分析
  • コンピューターを用いた新しい分子の提案

主な就職先・進学先

  • 当該年度卒業生なし