大久保研究室

  • 生産システム
  • 准教授大久保 寛基

研究
内容

生産とサプライチェーンのマネジメントに関わる問題発見とその解決

製品のライフサイクル(調達・生産・流通・販売・廃棄・リサイクル)の各フェーズと、製品が顧客に供給されるまでのつながりであるサプライチェーンの管理において、生産性向上のために必要とされる生産システムや流通システムの新しい管理技術について研究しています。さらに、近年注目されているサービス提供業務におけるマネジメント技術開発に関する研究にも取り組んでいます。

社会と
の接点

グローバル化した製造ビジネスの効率化に必要な管理技術の開発と支援

顧客ニーズの多様化やグローバル化など、ビジネスを取り巻く環境はめまぐるしく変化しています。従来の管理技術では対応しきれない課題に取り組み、新しい生産管理システムや流通管理システムを提案しています。さらに、企業との共同研究や社会人教育なども行っています。

目指す
未来

効率向上を実現するモノ・サービス生産流通システムの開発

モノとサービスを作り出すシステム(生産システム)と、顧客に届けるシステム(流通システム)の高度化と生産性向上を目指し、AI技術やBigdata解析技術の利用を可能とするマネジメントシステムを開発します。

主な卒業研究テーマ

  • 自律分散型生産制御システムの研究
  • サプライチェーンマネジメントにおける共同計画機能の研究
  • 対人サービス業務におけるマネジメント方式の開発

主な就職先・進学先

  • NTTデータ(情報通信)
  • NECソリューションイノベータ(情報通信)
  • SCSK(情報通信業)
  • トッパンフォームズ(製造)
  • エノテカ(流通小売)
  • ヒルトン東京ベイ(サービス)
  • 第4銀行(金融)