計算機ソフトウェア研究室

  • 計算機工学
  • 教 授横山 孝典
  • 教 授兪 明連

研究
内容

計算機システムのソフトウェアに関する研究

情報システムや組込みシステムを対象としたソフトウェアに関する研究を行っています。具体的にはオブジェクト指向、アスペクト指向、組込みソフトウェア開発などのソフトウェア技術、分散ミドルウェアや分散オペレーティングシステムなどの分散処理技術、リアルタイムオペレーティングシステムやスケジューリング理論などのリアルタイム処理技術、遺伝的アルゴリズム、粒子群最適化、メディア同期化アルゴリズムなどのアルゴリズムに関する研究を行っています。

社会と
の接点

社会を支えるコンピュータに必須の基本ソフトウェア

パソコンやスマートフォンが一般家庭に普及するとともに、家電や自動車などの身近な機器に多くの組込みコンピュータが搭載され、現代社会を支える基盤となっています。それらのコンピュータに必須の分散処理やリアルタイム処理を実現する基本ソフトウェアの研究をしています。

目指す
未来

人間、社会、自然と調和・協調するコンピュータ

人間、社会、さらには自然とも調和・協調する計算機システムの実現を目指し、社会活動や生活にどれだけコンピュータを活用できるか、また、社会環境や自然環境にどれだけコンピュータを溶け込ませることができるか、ともに研究していきましょう。

主な卒業研究テーマ

  • リアルタイムオペレーティングシステム
  • タスクスケジューリングアルゴリズム
  • 組込みソフトウェア開発支援ツール

主な就職先・進学先

  • 日立製作所(製造業)
  • 理想科学工業(製造業)
  • ソレキア(情報サービス業)
  • 富士ソフト(情報サービス業)
  • 日立ビルシステム(製造業)
  • 中学校教員
  • 本学大学院進学